UKAD 英国でスポーツが再開するなか、新しいアンチドーピング手順によりアスリートの安全を最優先事項に

New anti-doping procedures put athlete safety first as sport resumes in the UK

内容概略

UKADは6月16日、外出禁止令が解除となりスポーツが再開するなか新しい検査手順を発表した。

アスリート及び検査員の安全が変更点の中心となっている。スポーツのインテグリティを守りながらも関係者すべての安全や健康が脅かされないようにしており、人々がクリーンスポーツに対して信頼を寄せられるよう尽力するという。

新しい手順には、検査(検体収集)の間は2メートルの距離を保つ、UKAD検査員はマスク及び手袋着用の義務(アスリートも着用推奨)、手洗いと消毒の遂行などが含まれている。新しい手順は今後も定期的に見直され、政府のガイダンスに従い変更を反映させる予定。