SAIDS(南アフリカ) 元スプリングボクス選手、8年間の出場停止処分の上訴棄却(その他の蛋白同化薬)

FORMER SPRINGBOK RUGBY PLAYER LOSES APPEAL AGAINST 8-YEAR DOPING BAN

内容概略

元スプリングボクス選手であるMahlatse Ralepelle(通称チルボーイ)は8年間の出場停止処分について上訴していたが、棄却された。

同選手は2019年1月17日のトレーニング中にゼラノールの陽性反応が出たが、独立ドーピング聴聞パネルは同選手が10年間で2度目の違反を行ったことから8年間の出場停止処分を言い渡していた。同選手の出場停止処分は2019年1月17日から8年間となる。もし同選手がこの判決に同意しない場合、21日間以内にCASへと上訴することができる。