Japan Sport Fairness Commission

一般社団法人日本スポーツフェアネス推進機構

J-Fairnessは日本のアンチ・ドーピング体制の整備を推進しています

Latest News


3月4日 この1週間はアンチ・ドーピングに関する動きが多く見られました。WADAはCOVID-19への対応を含めたアスリートからのQ&Aを公開、また各国のアンチ・ドーピング機関に対するコンプライアンス監視プログラムの議論・決定を伝えています。IOCはウェイトリフティングIFのガバナンス再構築に対し強い懸念を再度表明し、パリ五輪への参加に関する見直しを言及しています。イギリスのアンチ・ドーピング機関は規則違反による出場停止が仮処分状態にある場合の公表に関しての議論を伝え、また未成年である16歳の競技者の出場停止処分をリリースしています。
3/4 UpDate 全てのNews Pick Upはこちら

日本のアンチ・ドーピング活動はtoto(スポーツ振興くじ)の支援を受けています。

緊急事態宣言に伴う本機構の対応に関して

緊急事態宣言の発出に伴い、当面の間本機構職員の在宅勤務を推奨して勤務を行います。

事務局の電話応対に関しては継続いたします。