Japan Sport Fairness Commission

一般社団法人日本スポーツフェアネス推進機構

J-Fairnessは日本のアンチ・ドーピング体制の整備を推進しています

Latest News


1月22日 ウェイトリフティングに対するWADAおよびITAの調査の結果から検体すり替えの違反が報告されています。また国内の競技団体からガバナンスコードの自己説明に関してリリースがされています。
1月21日 CASによるロシアへの裁定に関し、各国のアンチ・ドーピング機関からは批判が相次いでいます。またWorld Code改訂に伴って濫用物質使用に対する罰則が軽減され実際に適用される例がある中、娯楽目的の薬物摂取に対する注意喚起が行われています。
1/21 UpDate 全てのNews Pick Upはこちら

国際統括団体/行政組織

New ITA ウェイトリフティングにおけるアンチドーピング規則違反を訴追

New WADA CASのRUSADA不適格に関する裁定理由の全文を公開

New ITA 中央ヨーロッパ・アンチドーピング機関(CEADO)との協力を開始、中央ヨーロッパにおけるクリーンスポーツを強化

New CAS 聴聞会の一覧表

WADA会長及び事務局長より新年のご挨拶

WADA 改善された新アンチドーピング教育及び学習プラットフォーム(ADeL)を開始

WADAの2021年版禁止表、発効

WADA 関係者に対して2021年の世界規程、国際基準、アンチドーピングにおけるアスリートの権利宣言が発効したと喚起

WADA ITAによる検体の長期保管及び再分析プログラムの強化を歓迎

ITA 東京2020及びそれ以降へ向けて大規模な検体長期保管及び再分析プログラムを公表

WADA アンチドーピング機関に向けた2021年世界規程における濫用物質に関するガイダンスを発表

WADA 引退するWADA理事かつ初代会長のRichard Pound氏へ賛辞の嵐

WADA スイス連邦裁判所がSun YangのCAS裁定に対する上訴を認めた決定に関するWADAの声明

WADA 2021年の分析機関テクニカル・レターを発表

WADA 2021年の分析機関テクニカル・ドキュメントを発表

WADA 2021年版結果管理に関する国際基準を補完する最新版ガイドラインを発表


続きはこちら

各国アンチ・ドーピング機関(NADO's)

New UKAD(イギリス)UKADのCEO、ロシア制裁に関するCAS裁定の全容について反応

New UKAD(イギリス)UKAD会長からアスリートに対し、娯楽目的の薬物摂取に注意喚起をする言葉

New UKAD(イギリス)UKアスリート数名の出場停止処分、世界規程改定に伴い更新

UKAD(イギリス)ウェールズのラグビー選手Jones、4年間の出場停止処分(その他の蛋白同化薬)

Sports integrity Australia(オーストラリア)BMX選手、制裁を受け入れ(蛋白同化男性化ステロイド薬(AAS)、その他の蛋白同化薬、及びホルモン調節薬および代謝調節薬)

Sports integrity Australia(オーストラリア)パワーリフティング選手、制裁を受け入れ

USADA(アメリカ)USウェイトリフティング選手Scott Hisaka、アンチドーピング規則違反による制裁を受け入れ(ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質、ホルモン調節薬および代謝調節薬)

USADA(アメリカ)US自転車競技選手Flavia De Maria Oliveira Paparella、制裁の軽減を受理

USADA(アメリカ)US陸上選手Brenda Martinez、過誤がない結果を受け入れ

USADA(アメリカ)競馬インテグリティ及び安全法の可決に関するUSADA CEOの声明

USADA(アメリカ)US陸上選手Jasmine Blocker、警告を受け入れ

USADA(アメリカ)USウェイトリフティング選手Megan Munsell、アンチドーピング規則違反による制裁を受け入れ

USADA(アメリカ)USアーチェリー選手Brady Ellison、過誤がない結果を受け入れ


続きはこちら

国際競技団体 ( IF's )

New ハンドボール アンチ・ドーピングルールによる結果と違反行為 Camille Ems LOFTUS オーストラリア(興奮薬)

New 車いすテニス Adeline Bervoux(フランス)に関する決定 (利尿薬および隠蔽薬)

New ウェイトリフティング 制裁の公表 Dumitru Captari ルーマニア およびNijat Rahimov カザフスタン(WADA調査のレビューに基づく検体すり替え)

New 陸上 最新の制裁 Brianna McNeal アメリカ(ドーピング・コントロールの一部に対する不正な改変)

ボクシング AIBAがITAと2021年まで契約を延長

自転車 アンチ・ドーピングルールによる罰則 PUERTA ZAPATA Fabian Hernando コロンビア(蛋白同化男性化ステロイド薬(AAS) )

バドミントン BWFが2つのインテグリティ事案の結果を発表

テニス Dayana Yastremska (ロシア)に暫定的資格停止処分(蛋白同化男性化ステロイド薬(AAS) )

馬術 FEIの決定(パラ馬術) Tsutomu Inoue 日本(糖質コルチコイド)

ボート ROBERT STRACHANによるドーピング防止法違反に関するWorld Rowingの声明 (蛋白同化男性化ステロイド薬(AAS) /その他の蛋白同化薬/ベータ 2 作用薬)

陸上 最新の制裁 Bralon Taplin グレナダ(居場所情報関連義務違反)

陸上 最新の制裁 Alfred Kipketer ケニア(居場所情報関連義務違反)

陸上 最新の制裁 Luvo Manyonga 南アフリカ(居場所情報関連義務違反)

自転車 2021年1月1日よりITAの新たな自転車競技専門ユニットが稼働開始


続きはこちら

日本のアンチ・ドーピング活動はtoto(スポーツ振興くじ)の支援を受けています。