Japan Sport Fairness Commission

一般社団法人日本スポーツフェアネス推進機構

J-Fairnessは日本のアンチ・ドーピング体制の整備を推進しています

お知らせ

Latest News

12月2日 WADAはWADA自体のガバナンス改革の一端として、現行のアスリート委員会(Athlete Committee)を「アスリート評議会」(Athletes’ Council)と改称し、独立性と全体への影響力を増加する改革を発表しています。
12/2 UpDate 全てのNews Pick Upはこちら

国際競技団体 ( IF's )

ウェイトリフティング 制裁の公開 Vicky Schlittig ドイツ(蛋白同化男性化ステロイド薬(AAS))

陸上競技 スポーツ仲裁裁判所がロシア人選手の4年間の出場禁止処分を支持、ロシアのアスリート、ALEKSANDR SHUSTOVに課された4年間の資格停止処分を支持(禁止方法を使用すること又はその使用を企てること)

テニス Timur Mukhtarulin(ウクライナ)に暫定的な資格停止処分を課す。(興奮薬)

テニス Teymuraz Gabashvili(ロシア)に関する決定(利尿薬および隠蔽薬)

陸上競技 World Athletics、東京オリンピックを対象としたオンラインでの誹謗中傷などの不正使用に関する調査結果を発表

バドミントン ロシアのKHAKIMOV’のCASへの訴えが成功(試合の不正操作など)

国際ウェイトリフティング連盟に関する独立プログラムを主導するITAは2012年ヨーロッパ選手権のサンプルを再分析した結果、ウェイトリフティング選手に13名のルール違反があったと発表。(蛋白同化薬)

アーチェリー 制裁の公開。フランスのYvette Corniaux(利尿薬および隠蔽薬)

陸上競技 World Athleticsがロシア陸上連盟の出場停止期間を延長

水泳 FINA理事会、ドーピングに関連し不祥事を起こした医師Lothar Kipke氏をFINA栄誉賞リストから削除することを決議


続きはこちら

日本のアンチ・ドーピング活動はtoto(スポーツ振興くじ)の支援を受けています。