Japan Sport Fairness Commission

一般社団法人日本スポーツフェアネス推進機構

J-Fairnessは日本のアンチ・ドーピング体制の整備を推進しています

お知らせ

Latest News


1月28日 トライアスロンIFのWorld Triathlonはアンチ・ドーピングのプログラムの管理に関してITAと契約したと発表しています。WADA、JADAはアジア・オセアニア国際セミナーに関して報告しています。昨日分を含め今週は5件のアンチ・ドーピング規則違反に関するリリースが確認されました。
1月27日 WADAは東京2020オリパラ大会における独立オブザーバーチームの報告書を公開しました。フランスのNADOのAFLDは本年のプログラムを発表、検査対象となる登録アスリートを前年比で3倍の数にし、1年間の検査数で1万件を目標としています、加えて検査に頼らない情報収集による違反の検出にも力を入れるとコメントしています。イギリスNADOのUKADでは2014年に採取された検体の再検査によ違反事例を発表、これは長期保管検体によってUKADで初めての違反となった例です。
1/28 UpDate 全てのNews Pick Upはこちら

日本のアンチ・ドーピング活動はtoto(スポーツ振興くじ)の支援を受けています。