Japan Sport Fairness Commission

一般社団法人日本スポーツフェアネス推進機構

J-Fairnessは日本のアンチ・ドーピング体制の整備を推進しています

Latest News


2月25日 IOCはIPCおよびIFと協力してRUSADAに対するCAS裁定に準拠するガイドラインを作成したとリリースされています。またオーストラリアのアンチドーピング機関からはエピソードを通じてサプリメント利用のリスクを喚起する記事が、フランスのアンチドーピング機関からは新しい世界アンチ・ドーピング規程に合わせた国内法改正のための動きが伝えられています。
2/25 UpDate 全てのNews Pick Upはこちら

日本のアンチ・ドーピング活動はtoto(スポーツ振興くじ)の支援を受けています。

緊急事態宣言に伴う本機構の対応に関して

緊急事態宣言の発出に伴い、当面の間本機構職員の在宅勤務を推奨して勤務を行います。

事務局の電話応対に関しては継続いたします。