Japan Sport Fairness Commission

一般社団法人日本スポーツフェアネス推進機構

J-Fairnessは日本のアンチ・ドーピング体制の整備を推進しています

お知らせ

J-Fairnessオンラインセッション

「アスリートの視点でワリエワ問題を考える」

〜専門家とアスリートの対話から〜

2022年2月26日に開催したセッションの報告ページを公開しました。

詳しくはこちらから

Latest News


5月27日 ソチ五輪のバイアスロン種目においてメダルを含めた順位の変更が発表されています。ホッケーIFのIHFがオフィシャルのベッティングパートナーを発表する一方、卓球IFのITTFはインターポールのマッチフィクシングに関する会合へインテグリティ担当者が出席したと発表しており、ベッティングとスポーツの距離が近づいていることを感じさせます。昨日分を含め、今週は8件のアンチドーピング規則違反のリリースが確認されました。
5月26日 WADAはワールドカンファレンスを開催し、関連した報告を行っています。またITAはエジプト人ウェイトリフティング6名のアンチドーピング規則違反による資格停止をリリースしています。
5/20 UpDate 全てのNews Pick Upはこちら

日本のアンチ・ドーピング活動はtoto(スポーツ振興くじ)の支援を受けています。